首都大学東京 法学研究会 

 大学祭シンポジウム2015


首都大学東京法学研究会では、

大学祭において、毎年シンポジウムを行っております。

 

法律や政治に関わる社会問題・書籍を題材にします。

 


Q.今年のシンポジウムのテーマは?

「民主主義の条件ー『政治は嫌い』と言う前にー」

 

今年は、大阪大学大学院法学研究科准教授である、

砂原庸介先生をお呼びし、

「民主主義においてなぜ、納得が重要なのか」

「日本の選挙制度・政党組織の問題点・可能性」について、

お話をいただきます。

 

選挙って定期的にあるけれど、意外に選挙自体について考える機会って無い。

めったに聞くことのできない専門家の方のお話を聞ける機会です。

 

Q.いつ、どこで見られるの?

 

○日時

11月1日(日曜日)大学祭初日 15時~18時


○場所

首都大学東京南大沢キャンパス 1号館120教室(雨天時110教室)

(東京都八王子市南大沢1-1)

(京王相模線「南大沢」駅改札口から徒歩5分)